髪の毛を育てるのに食事は必要!

薄毛対策の一つとして食事に気をつけることが挙げられると思います。髪の毛は
たんぱく質でできていると聴いたことのある方は多いと思いますがそもそもたんぱく
質を多く含む食材はなんなのか?と疑問に思う方がいると思います。このサイト
ではそういう方に髪の毛を育てるために必要な食材を紹介していきます。

薄毛の原因となるもの

・男性ホルモン
DHT(ジヒドロテストステロン)が5αリタクターゼと結びつくことが薄毛の
原因になっていることが多いです。これは遺伝によって分泌量が違います。

 

・ストレス
ストレスは自律神経を乱し血流の流れが悪くなることで髪の毛に十分な
栄養を運ぶことができなくなることで薄毛になりやすくなります。

 

・食事
カップラーメンなどの偏った食事をすると髪の毛に必要な栄養を摂取できない
ことで薄毛の原因になることがあります。また、飲みすぎや食べすぎにより血圧や
血行がわるくなったり内臓に負担をかけることで栄養の吸収率が下がり髪の成長に
必要な養分を与えられず薄毛の原因になることがあります。

髪の成分であるたんぱく質を多く含む食材!

たんぱく質を多く含む食材として大豆製品が挙げられます。
大豆には良質なたんぱく質が含まれておりまた男性ホルモンの過剰
分泌も抑え髪の生成も手助けするので薄毛の対策にもなります。
大豆が含まれている成分として髪の毛にいい成分としてしては納豆があります。
納豆はビタミンB2も多く含むので髪の毛を育てるのに有効な成分となっています。

 

肉類や魚介類
たんぱく質を多く含む食材としては豚ロースや牛もも魚介類だといくらや焼きたらこなどが
挙げられます。

 


たまごにはたんぱく質を初め亜鉛やミネラルが豊富に含まれており髪にいい成分
となっています。

髪の毛を作るのに必要な亜鉛を含む食材

牡蠣
亜鉛が多く含まれる食材の一つです。

 

肉類・魚類
牛肉のもも、鶏肉のもも、するめ、牛ひき肉

 

チーズ、きな粉、落花生

育毛効果などがきたいできるビタミン

ビタミンには頭皮の血行を改善させたり毛母細胞の働きを活性化するなど育毛効果の期待できるものがあります。
肉類だとレバー、鶏のひき肉魚類だとシシャモ、あさりきのこ類だとまいたけ、マッシュルームが挙げられます。

 

血行を促進させるビタミンA含む食材
小松菜、ほうれんそう、モロヘイヤ、にんじん、オリーブピル、黒ゴマ、ナッツ類

 

毛母細胞を活性化させるビタミンBを含む食材
レバー、うなぎ、ほうれん草、いわし、ごま

 

レバーはビタミンBを豊富に含んでいるほかにもたんぱく質も含んでいるので髪の毛にいい食事の一つになっています。
また、ごまには血行を改善する効果があるので育毛に役立ちます。

 

頭皮環境を整えるビタミンCを含む食材

 

ビタミンを多く含むものには果物もありバナナ、りんご、キウイ、グレープフルーツは育毛の効果を期待できるのでこれ
らの果物を食べるとよいでしょう。

薄毛対策にいい飲み物

ごぼう茶
ごぼう茶は血行促進や体に不要なものを排出する働きがあり
頭皮の環境を整えます。

 

緑茶
緑茶にはカテキンが含まれておりストレスの軽減や血流の流れを改善します。
また薄毛の原因である5αリタクターゼの働きを阻害してくれます。

 

ワイン
ワインにはポリフェノールが多く含まれており髪の毛を育てる毛母細胞の酸化を
防ぐことが育毛によいとされています。白ワインよりも赤ワインのほうが抗酸化作用
が強く育毛の効果が期待できるので赤ワインをおすすめします。

気をつけたほうがいいもの

アルコール・タバコ
アルコールは飲みすぎると血流を悪くします。またタバコも血管を収縮させ血行を
悪くします。血行が悪くなると頭皮に栄養を送りずらくなり薄毛の原因になってしまいます。

 

科学調味料のはいった食べ物
カップターメンやスナック菓子はおいしくつい食べてしまう方も多いと思いますが、
これらは油分や添加物を多く含み頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。

 

糖分を多く含むもの
糖を分解するには髪の成長に必要なビタミンBを大量に消費してしまうので
頭皮のべたつきや毛穴がつまるなど薄毛の原因や髪のハリがなくなるなどの原因になります。

 

寝る前に食事をする
髪の毛の成長させるホルモンは睡眠時に働くのですが寝る前に食事をすると胃の消化に
体の働きが集中し髪の成長を阻害してしまうことがあります。

 

薄毛を促進させることとして過度なダイエットも挙げられるので女性の方は気を
つけたほうがいいと思います!