5αリダクターゼとは

5αリダクターゼという言葉を知らない人もいると思いますのでここで詳しく説明しいます。
5αリダクターゼはテストロンという男性ホルモンと結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)
という強力な男性ホルモンとなり薄毛を促進させます。
また5αリダクターゼは1型と2型に分かれ1型5αリダクターゼは皮脂の分泌量を増やし
2型5αリダクターゼは正常なヘアサイクルを乱し薄毛の原因になります。
そんな5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって決まっています。なので同じ男性で
薄毛に悩む人と悩まない人がいるのです。

5αリダクターゼを抑制するのに有効な成分

5αリダクターゼ減らすのに有効な成分としては以下のものがあげられます。
・フィナステリド
5αリダクターゼを抑制し髪の毛の周期が乱れるのも防いでくれます。

 

・ノコギリヤシ
5αリダクターゼの1型と2型の両方を抑制する効果がありサプリメントなどに
使用されることが多いです。

 

・リモネン
リモネンはみかんの皮に含まれた成分で、5αリダクターゼの抑制に効果があります。

 

・デュタステリド
5αリダクターゼの1型と2型の両方を抑制します

 

・アロエエキス
アロインという成分が5αリダクターゼや抜け毛予防などをしてくれます。

 

・オウゴンエキス
コガネバナの根の部分を乾燥させそこからエキスを抽出したもので
フィナステリドと同様の効果があるといわれています。

5αリダクターゼ減らすのに有効な薬

・プロペシア
世界でも認められている医薬品でフィナステリドが配合されています。
5αリダクターゼの抑制に有効な薬ですが副作用もあり内容としては
勃起機能障害や肝機能の障害などが挙げられます。薬局やドラック
ストアにはおいてないので心配な人は医師に相談してから処方してもら
うといいでしょう。

 

・ザガーロ
5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの濃度を低下させます。

5αリダクターゼ抑制する食べ物

・ノコギリヤシ
ノコギリヤシに含まれるβーシトステロール、オクタコサノールには5αリダクターゼを
抑制する効果があり薄毛を抑制するサプリメントなどに配合されています。

 

・亜鉛
亜鉛は抜け毛の原因となっている5αリダクターゼを抑制する効果があり
生牡蠣、レバー、しじみ、ピーナッツなどに亜鉛は含まれています。
しかし、ストレスがかかると亜鉛を消費すると言われているので薄毛の対策
としても有効な運動をしてみるといいでしょう。。

 

・イソフラボン
豆乳や納豆など大豆を使用した商品に多く含まれています。

 

薄毛になりやすい食べ物
アルコール・タバコ
アルコールは飲みすぎると血流を悪くします。またタバコも血管を収縮させ血行を
悪くします。血行が悪くなると頭皮に栄養を送りずらくなり薄毛の原因になってしまいます。

 

科学調味料のはいった食べ物
カップターメンやスナック菓子はおいしくつい食べてしまう方も多いと思いますが、
これらは油分や添加物を多く含み頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。

 

糖分を多く含むもの
糖を分解するには髪の成長に必要なビタミンBを大量に消費してしまうので
頭皮のべたつきや毛穴がつまるなど薄毛の原因や髪のハリがなくなるなどの原因になります。

生活習慣での対策

・運動
汗を流すことで男性ホルモンを排出しジヒドロテストステロンの
生産を減らす効果が期待できます。

 

・水分補給
ジヒドロテストステロンは尿とともに排出されるとされています。
水分補給としておすすめなのはお茶ですがのみ過ぎるとよく
ないのでバランスよく飲みましょう。

 

・睡眠
睡眠不足はジヒドロテストステロンを増やす原因になるので
睡眠はしっかりとりましょう。

 

・風呂で汗を流す
汗を流すことでジヒドロテストステロンを排出できるのでき
また、38度から40度で長くつかれば副交感神経の働き
を促進させ快眠になりやすいのでおすすめです。

育毛剤やクリニック

5αリダクターゼを抑制するものとして育毛剤があります。
しかし育毛剤は使い続けなければ効果が出ないので使用
する場合は継続できる金額のものを使用するのがいいと思
います。

 

最も確実な方法としてはAGAのクリニックに診断をしにいくのが
いいと思います。無料で診断ができるとこともあるので一度いって
みるのも良いでしょう。