抜け毛が増えてきたらと思ったら

抜け毛が多いの基準は何?|どのくらいの抜け毛がはげなのか

 

 

朝枕をみて抜け毛が増えていたらいシャンプーを使用した後、手を見ると
引っかかっている髪の毛の多さに驚きハゲになって笑われている自分を
想像して不安になる人は少なくないと思います。そこでどのくらい抜け毛
が増えるとハゲの可能性があるのかの基準について紹介していきます!

抜け毛の量は人によってい違う

髪の毛の抜ける本数は人によって違います。低い人だと50本くらいですが、
多い人だと150本は抜けるます。このように人によって髪の毛の抜ける本数
に違いがありますが多く抜ける人は他の人よりも多く生えているだけなので気に
しなくて大丈夫です。しかし、150本一日に抜ける人は急に髪の毛の抜ける
本数が増えた場合や髪のボリュームが減ってきた人は薄毛になってきている
可能性があるので気をつけましょう。
しかし、抜け毛は季節によっても抜けやすい時期がありだいたい夏から秋にかけては
髪の毛の抜ける量が約2倍に増えるのでそこらへんは考慮すると良いと思います。
また薄毛の病気の人の髪には特徴があり抜け毛の根元が白い場合や細くて短い
髪の毛の場合はAGAの可能性があります。

薄毛と判断するにはどのようなものがある?

抜け毛が多くなるのはシャンプーの時、髪の毛を整えているとき起床した
ときの順で多くなっているのでこのときの本数を毎日チェックするのが良いと
思います。また、抜け毛の量が秋にかけて以外でいきなり増えたときには
AGAという髪が早く抜ける病気にかかっている可能性があり髪のボリューム
が減ってきた場合は確実に薄毛になってきたと思うと良いでしょう。

そもそもなぜ抜け毛が起こるのか?

髪の毛にはサイクルがありだいたい4〜6年で髪の毛は抜けるといわれています。
人の髪の毛の量は人によって決まっているので一日に抜ける髪の毛の量が
決まっているのですがAGAの場合は髪のサイクルが短くなるので一年くらいで
髪の毛が抜けてしまいます。このため細い髪の毛が目立つようになり紙の
ボリューム減り薄毛になってしまうのです。また、髪の毛の生え変わる回数も
限られているため髪の毛が生えず肌が見えるハゲにも繋がってしまいます。
AGAの原因としてはテストステロンというホルモンと5αリダクターゼが結びつく
ことが原因といわれ分泌量は遺伝によって決まるため育毛剤をつかう、病院
に行くなどの対策をすると良いでしょう。

抜け毛を減らすためにできること

運動
抜け毛が多いの基準は何?|どのくらいの抜け毛がはげなのか
運動は有酸素運動が効果的です。薄毛の原因の一つに血行が悪いことが
挙げられます運動は血行をよくするので薄毛対策になります。

 

食事 
抜け毛が多いの基準は何?|どのくらいの抜け毛がはげなのか
食事にも薄毛対策に食べたほうがいい物があります。たんぱく質を多く含む
大豆製品や亜鉛を含む牡蠣やもも肉ビタミンを多く含むナッツ類などが
髪の毛を作るのにいいといわれています。

 

睡眠

 

睡眠は髪の毛を成長するホルモンが分泌するので最低でも6時間は取るよう
にしないとヘアサイクルの乱れにつながり抜け毛が増える原因になります。